このご時世、映えるもの。

いわゆるインパクトのあるものでないと周りからスゴイと思われないですよね?
本当に悪しき習慣だと、個人的には思います。

周りから「凄いね!」と言われたくて、設備が整ったおしゃれなスポーツジムの鏡の前で写真をパシャリ!
お財布と相談してまで、少し高めのレストランでパシャリ!

何かと自分の実生活を盛る。

そうしないと、周りの人と比べて自分が劣っていると思っちゃう。

ダイエットに関しても、
3か月で10㎏痩せた!とか、インパクトを重視の言葉が目立ちますし…

時には、写真を加工までして、自分の実生活を偽る事もある。

まあ、なんかスゴイ時代ですよ。
みんな、これ疲れないのかな?
(遠くを見つめて)

もちろん、他者の評価は自分の自信にも繋がりますし、
「凄いね。」「カッコイイね。」「いいね!」って言われる事で明日への活力になる場合もあります。

ですが、みんな薄々気付いていませんか?

SNSの投稿って意外とその人のパーソナルな部分が出てしまうものなんです。
もちろん見る側の心理状態にもよるかもしれませんが、

「この人かまってちゃんなんだろうな」
「物や人への執着心がすごいな」
「承認欲求がすごいな。褒められたいんだろうな。」
「不幸アピールがすごいな」

こうやって、意図が透けて見えてしまう投稿を見ると萎えますよね?
本当は萎えているんですよね?(笑)

今は、SNSの時代だから、対外的に言葉にするのは怖いけど、心のどこかで「どーでもいーいですよ♪」って歌ってますよね?

これは、本当に個人的な意見なので、無理に賛同は求めませんが、

ダイエットはSNSのネタじゃない!

SNSのネタにしようとするから、続かなくなるんです。

ダイエット始めます!
ジムに通ってます!

こんな投稿も、最初のウチは「いいね!」ってもらえるんです。
ですが、時間の経過と共に、確実にその数が減ってくるんです。

・褒めてもらいたい。
・見てもらいたい。
・認めてもらいたい。
・いいねが欲しい。
・人よりも優位に立ちたい。

こんな欲求が“透けてみえてしまう”から。

それをこじらせると、以下のような投稿が増えてきます。

  • こんなにがんばってる私素敵でしょ?
  • こんな設備の整ったスポーツジムに通っている私って良いでしょ?
  • あ、あそこにさりげなく置いてあるバッグはエルメスなのよ。オホホ(笑)

こういう投稿をしないと誰も振りむいてくれない。

だから、絶対に太れない。
食事制限をして効果が出てる事をアピール。

うん。カラダ壊します。

だから、高級なジムに通って意識高い系をアピール。
高価なアイテムをローンで買ってアピール。

うん。お金が無くなります。


時には写真を加工してでもアピール。
そうなるとリアルに人と会うことが怖くなってきてしまう。

ん?自分に嘘をついてまでするアピールって、どこかで心に負担がきませんか?


なんだか、毒が強くなっている感は否めませんが。笑

私が言いたい事はSNSの批判ではなく、
なぜ?そうやって自ら、セルフイメージが低下する沼に入り込むのだろう?

その意識が自分を傷つける事になり、
自分の自信を喪失する事になり、
結果「どうせ、私なんて…」っていう、症状に繋がってしまうはずなのにです。

一歩引いた目線で、SNSの活用をしてください。
そうすると、本当に便利なツールなんですよ。

SNSが無ければ、出会わなかった人達と出会う事もできます。
そういう人達と出会わなければ、知れなかった価値観に出会う事も出来ます。

それは、あなたの人生で新しい刺激をもらえたり、目標が決まったり、夢が出来たりする事もある、本当は素晴らしいツールなんです。

でも、多くの人達が、自意識過剰の沼にはまろうとしてしまっている
そして、どんどん自信を喪失していく。

ダイエットはSNSのネタじゃない。

自分と向き合って、自分の望むカラダ改善を行い、健康で豊かな日々を手に入れる。
そのキッカケだと私は考えるのです。

また、SNSの投稿で興味を惹きたいのであれば、マウントを取る事よりも、共感を求めてくる投稿の方が、私は好感を持ちます。

だから、ダイエットに取り組んでいる事をSNSに投稿したいのであれば…

  • いやダイエット面倒くせぇ!…けど、がんばる。とか。
  • 本当は甘いモノ食べたい!とか。
  • ウォーキングに出たけど、帰りタクシー乗っちゃおうかな。笑 とか。

そんな投稿の方が本音が見えて、人間味があって好きです。
(あくまで個人的な意見ですけどね。)


これまで、数多くのクライアントさん達と向き合ってくる中で、
自分のダイエットをSNSのネタにし始める人を見ると「あ、少しやばいな」なんて思っていました。

けど、クライアントさんに向かって「その行為は止めた方が良い!」なんて事は言えませんでした。

で、やっぱり挫折(もしくはリバウンド)してしまうんです。

けど、おそらく、これからも言わないと思います。
SNSに投稿したい気持ちもわかるし、何よりクライアントさんですしね。

今回、ここまで書いてきて、もしかしたら、私はすごく厳しい人に見られてしまう可能性もあるよね…なんて思い始めています。

だったら、ここでは言っちゃえ!ってノリで言ってます。笑

ダイエットはSNSのネタじゃない!

ただ、最初からSNSのネタにするために、ダイエットに取り組みたいのであれば、私は何も言いません。
それは、あなたの自己プロデュース戦略だと思いますので。

その戦略が上手く行く事を願いますし、時に、アドバイスする事もあるかもしれません。
この角度の方が映えますよ!って。

でも、本当は止めて欲しい。

自分のカラダをネタにすることって、やっぱり心に負担がかかると思うから。

今日のまとめ

SNSに囚われるな。
もっと近くであなたのチカラになってくれる人はいるよ。