最後までお読みいただきありがとうございました。
正直、耳の痛いこともあったと思います。

でも最後までお読みくださったということは、自分を変えるきっかけになるかもと可能性を少しでも感じていただいたからだと思います。

わたしは運動指導者という立場ですが、痩せてキレイになってほしいからこの文章を書いたわけではありません。

わたしはダイエットやカラダ改善を通じて、自分自身と向き合い自分を大切に丁寧に扱うきっかけにしていただけたらと思っています。

特に今回は「ダイエット」にクローズアップしてお話させていただいたのは、わたしが知る限りではありますが、痩せたい!と切に願う人は、自分を責めすぎたり、周りに劣等感を感じながら過ごしていることが多いからです。

そしてその中の一人に《わたし自身》もいました。

・運動指導者なのに、体型に自信がない。
・運動指導者なのに、生理痛・頭痛がひどい。
・周りが望んでいる体型になることができない自分が腹立たしい。
・周りの仲間や友人が羨ましくて仕方がない。
・自分の好きな所・長所を尋ねられると見つからず困り果ててしまう。
・成功や称賛を喜ぶことができず、常に自信がない。

まとめると、
自分が大っ嫌いでした。笑

こんな状態で悶々と過ごしていた時に、わたしは自分のココロの声に耳を傾けず、周りの理想や評価ばかりに応えていたことに気が付きました。

誰の為のダイエットなの?
誰の為に仕事してる?
そもそも誰の為の人生なの?

紛れもなく《自分の為》だということに気が付いたんです。

それからは、今回ご紹介した項目を徹底的に見直しました。
その結果、ピーク時の体重から15㎏痩せていました。

しかも、これまでの何度もしてきたダイエットの中で一番楽しく進めることができたんです。
さらに体調もかなり良く、長年悩んできた生理痛や頭痛からもゼロに近いほど解放されました。

でも体型や体調が良くなった以上に良かったことは、自分を認めることができたことです。


わたしの経験を踏まえ、カラダ改善は自分を大切に丁寧に扱う術を身につけられるきっかけになると思います。

自分を大切に丁寧に扱えるようになれば、自分が本当に「必要な時」に「必要なもの」を「必要な量」だけ食べるようになります。

ストレス発散で過剰に栄養を摂取していたのであれば、ストレスによって食べさせられてただけなので、それが減っていくため自然と痩せますよね。笑

今回ご紹介したことと逆のことを行えば、ダイエットは絶対に上手くいきます。


耳が痛いことだな。
痛いところ突かれたな。

そう思った時が、一番自分自身を認め、好きになるチャンスです。
誰かに強制されるわけではなく、この「確実に失敗するダイエット」を読むということを選んだのは、紛れもないあなただから。

だから、世の中の当たり前に負けないでほしい。
あなたはまだまだこんなもんじゃないから!

わたしはあなたの《本当の理想》の自分になれることを信じていますよ。